DICTIONARY用語集
DICTIONARY

用語集

脊柱管狭窄症

主な症状
一般的にはこの病気では長い距離を続けて歩くことが難しいです。
特徴的な症状としては、歩行と休憩を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)になります。

腰部の脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くはなく、安静にしているときはほとんど症状はでませんが、背筋を伸ばしていたり、立っていたり歩いているときに、太腿や膝下に痺れ・痛みを感じて歩きづらくなります。しかし、すこし前かがみ(前屈)になったり、椅子などに腰かけたりすると痺れ・痛みは軽減されていきます。

病状が進行してくると、下肢の力が入りにくかったり、肛門周囲のほてりや尿の出が悪くなったり、逆に尿が漏れる事もあります。

 

主な原因と病態
加齢、特定姿勢での長時間労働、生活習慣、あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などによって神経が圧迫されます。

脊柱管とは背骨、椎間板、黄色靭帯、関節等で囲まれている脊髄の神経が通るトンネル(神経の通り道)です。生活習慣や普段何気なくしている悪い姿勢などにより背骨が変形したり、椎間板に負荷がかかり圧迫され突出したり、黄色靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管を狭くなり(狭窄)、それにより神経が圧迫され、血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。

椎間板ヘルニアに比べると中高年層に発症することが多い傾向にあります。また腰(背骨)を後ろに反らすと脊柱管が狭くなり、前に曲げると広がるので、間歇性跛行(歩行と休憩を繰り返す症状)が起こります。

 

診断
一般的にはX線(レントゲン)写真で推測できますが、より詳しく診断するためにはMRIや脊髄造影などの検査が必要といわれています。しかし現在では画像による診断は難しいとハッキリと言われています。健康な人でもおよそ7割の人の椎間板にはヘルニアや狭窄症などの症状が見受けられるとの話もあります。ですから「手術しかない」と言われた方でも落ち込む必要なありません。当院では「いつ痛いのか?」「どの姿勢が痛いのか?」「現在の生活習慣、骨格の歪みはどうか?」を丁寧なカウンセリングで原因を突き止め、根本からの解決を目指します。

 

対策・治療
一般的な治療としてはリハビリ、腰のコルセット、神経ブロック注射や脊髄の神経の血行を良くする薬餌療法、酷い場合には手術があります。しかしこれらは症状を抑え込む対症療法です。つまりその場限りの対応です。原因である「身体の歪み」を診ていません。また歪んでしまう生活習慣や環境を無視しているので、手術をしてもまた別の部位に負担がかかります。このようなことから手術をしても「痛みが変わらない」「痛みはないけど動きにくくなった」「今度は痺れを感じる」「前よりひどいんです」という声も聴いています。当院ではしっかりと患部に負荷の掛かっている姿勢や原因を見てから、一人ひとりに合った施術を提案します。もし、あなたが注射やリハビリテーションで症状が変わらない、手術はしたくないと思っているのなら回復整体HIROにご相談ください。

西八王子の回復整体HIROは結果を出します

 

西八王子の回復整体HIROでは、患者様の痛みにプロとして向き合って痛みから解放されるように結果を出すお約束をいたします。
多くの整体院では、電気を流して湿布を貼ると言った決まった通りの対応で、効果が感じられない方もいると思います。
西八王子の当院では、患者様一人ひとりに丁寧なカウンセリングを行い、オンリーワンな施術プランをご提案させていただきます。
患者様に適した施術で、痛みや不調を改善できるようにお手伝いさせていただきます。
重症症例の対応も多数経験のあるスタッフですので、お体の悩みは何でもご相談ください。

ACCESSアクセス

八王子回復整体HIROは根本回復のための整体院です

アクセス
店舗名

回復整体HIRO
住所

電話番号
営業時間 休業
最寄駅 八王子駅より徒歩13分